一般職的おきらく日記♪

おきらくなはずなのに喜怒哀楽が盛りだくさんな毎日☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
本を読む一日。
最近ようやく仕事も落ち着いてきて、また本を読むようになりました。
最近はまっているのは赤川次郎さんの杉原莢香シリーズ。
1年に1冊ずつ文庫で出版されているのですが、主人公がちゃんと毎年成長していくんです。
まだ20歳前後の本を読んでいるのですが、すでに30歳をこえたところまで物語は進んでいるみたいです。
図書館で借りて順番に読んでいるのですが、かなり楽しみ。
最終的には自分より年上になってしまうのねー。

あとFrauでたまたま見かけた唯川恵さんの連載小説、気になってます。
唯川恵さんの小説はもともと好きなのですが、今回はCREAとFrauでひとつの物語を二人の女性の視点から描いているちょっとかわった趣向でおもしろそうです。
歳も近い主人公なのでちょっと気になるし。
爽健美茶の企画モノのようでネットでバックナンバーを読むこともできるようです。《リンクはこちら☆》

最近本もドラマも負け犬&負け犬予備軍をターゲットにしているものが多くて、私たちって狙い目な世代なのねーっって思います。
迷いどこだよね。たしかにこの年代って。
だからおもしろいのかなー。
| easygoingdays | Books♪ | 16:30 | comments(2) | trackbacks(0) |
いまさらながら東京湾景を読む。の一日。
図書館で順番待ちをしていたらこんなにたってしまいましたが、今更ながら東京湾景を読みました。
遅くなったけれど、ちょっと恋愛モードになったときだったのでナイスタイミング!!

電車のなかで読み始めて1日で読破してしまいました。
ドラマとはまったく違う原作でしたが、恋におちる様子ってなんだかドラマでも映画でも本でもすてきだなーって。

そんな本からすごく印象に残った亮介のコトバを。

「・・・・・・人ってさ、そうそう誰かのこと、好きになれないだろ?俺、あの人と別れてからそう思った。誰かのことを好きになるって、俺に言わせりゃ、自分の思い通りに夢をみるくらい大変で、なんていうか、俺の気持ちのはずなのに、誰かがスイッチ入れないとONにならないし、逆に誰かがスイッチ切らないとOFFになってくれない。好きになろうと思って、好きになれるもんじゃないし、嫌いになろうと思ったって、嫌いになれるもんじゃない・・・・・・」
                              東京湾景by吉田修一

視界の端っこでもわかるようになってしまう。
ジェットコースターで、ゆっくりてっぺんに上っていくときのように、とめたいようなとめたくないような、でも自分ではどうしようもないような感じ。
結婚しているかどうかなんてどうでもいいような気がしてきて。
そんな余裕なこといってられる年齢でもないんだけどね。
でもひさびさの素敵な感情なので卵をあっためるように大事にしたいのです。
| easygoingdays | Books♪ | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
恋愛小説で寝不足ー!な一日。
今日は昨日本を読むの途中でやめられなかったのでとても寝不足。
月初で仕事があったからよかったけど、そうじゃなきゃ睡魔との格闘で1日終わってたな・・・きっと。

昨日はまっていた本はまたまた東野圭吾さんの本。
パラレルワールド・ラブストーリーという本で、”もしもこうだったら”っていう世界を記憶を操作して作ってしまう物語。
最後どんどん切なくなってくる。
好きだから相手の幸せを祈り、でも好きだから自分のものにしたいという思いをコントロールできない。
そこに親友との友情が絡んできてもうどうにもならなくなってしまう。
彼の本はいつも最後にどんでん返しなんだけど、今回は”そっちにいっちゃダメー!”っていう方にどんどん予想通り進んでいってしまうストーリーでした。

自分の中からまったく消し去ってしまいたいような記憶ってありますか?
私は思い出したくないことはあるけれど、完全消去してしまいたい思い出はまだないかな。
それって自分が生きた時間を捨ててしまうことのような気がして。

現実ではこの本のように逃げることはできないんだけれど、こんな風に切なく苦しむ恋とこれから出会えるのかなー。
経験しないほうが幸せなのか、経験するほうが幸せなのか、それもまだ私にはわからないけれど。


| easygoingdays | Books♪ | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
コムスメに勝つ!の一日。
今日家に帰ってきて新聞を読んでいたら、雑誌の宣伝に目がとまった。
NIKITAという雑誌が今日創刊だったらしい。
その一番大きな見出しが"コムスメに勝つ"。
すっかり興味津々。

脱『若作り』!脱『無難』!らしい。
そしてテクニックで"コムスメに勝つ!"。
30台をターゲットにしているらしいけれどかなり心惹かれます。
それって自分で若くないって思っちゃってるってことかな?
うーん、微妙。
本屋でチラッと見たいけど、"でもコムスメに勝つ"を読んでるとこ知ってる人には見られたくないかも。

全然話題は変わりますが、郵貯の裏技が来年4月からできなくなってしまうというニュースにちょっとショック。
郵貯ってこれまで1円未満の利子は切り上げて1円にしていたんですよねー。
なので1,000円一口で1ヶ月定期にすると1ヶ月で1円の利子がついて1年で12円、つまり1.2%の利息が受け取れるというのがその裏技。
裏技封じのためにATMでできないようにしたりいろいろ対策していたようですが、やっぱり他の金融機関と同じように1円未満は切り捨てにしちゃうんですね。
大学の頃預けて入れっぱなしの分、4月にまた振り分けなくちゃだー。
今くらい株価が落ちてるとあれこれ買えていいんだけどなー。
| easygoingdays | Books♪ | 22:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
プラネタリウムに行きたい!の一日。
今日もすっきりしない天気。
今日もぐうたら過ごす。
転職前って土日しかやりたいことができなくてがんばって遊んでたけれど、今は会社の帰りにたいていのことはできるので土日は結構ぼけーっと過ごしているかも。
8月はいろんな友達と会ったりでほとんど会社から直帰することはなかったもんなー。

っていうことで今日はまたまた図書館で借りてきた本を読みあさってました。
東野圭吾さんの悪意とレイクサイド、そして唯川恵さんのイブの憂鬱。
東野さんの本は二転三転して本当におもしろい。
ゲームの名は誘拐からすっかりはまってしまいました。

唯川さんの本は、フツーの会社で働く一般職の誰もが持つだろう若さを失っていくことへの焦りとか迷いをうまーく物語にしてるんだよね。
ついつい引き込まれて読んでしまう。
若さを失っても、長く生きることでいろいろ迷って自分で選んで得るものがあって、主人公は輝きを取り戻して幸せを見つけられるようになるっていうストーリー。
幸せは誰かがくれるものではないっていうことはわかっているけれど、でも私はやっぱり誰かが運んでくれるんじゃないかなって期待しちゃう。
はやく唯川さんの小説の主人公たちのように自分で幸せを見つけられる人になりたいなーと思う。

プラネタリウムの話。
転職して地下鉄を使うようになってフリーペーパーをよくもらうようになりました。
私、活字を読むことが結構好きなので電車の中で活字があると本当にうれしいのです。
その中に今年の夏にお台場にすごいプラネタリウムができたっていう記事があって、読んでからずーっと行ってみたかったのです。
毛利衛さんが館長をやっている科学技術館のなかのプラネタリウム。
肉眼で見られない星も再現されているそうで。
平日行くのは難しいようなので、9月の土日どこかで行きたいなーって思っています。
ちょっとした自分の声にもこたえてあげよう♪と思う幸せ探し中な今日この頃。
| easygoingdays | Books♪ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
読みたかった本をついにお買い上げ♪な一日。
このブログで何度も紹介していた"女が28歳までに考えておきたいこと"をついにお買い上げ。
一気に読みました。

"あなたは絶対運がいい"と根底は同じ感じなのかなーと思いました。
自分を豊かにすること。
人とのコミュニケーションをスムーズにできるよう工夫すること。
しあわせはしあわせが好きな人のもとにやってくるらしい。

女性のほうが、結婚か仕事か両方かとか、子供産むかとか、産むとしてもいつ産むかとかいろいろ人生の選択の幅が広くてしっかり考えないとなんとなく進んでいってしまう。
なんとなく進んで後悔するのはいやだなーと思う。

大人になっていくのって、どんどんいろんな選択を積み重ねていくこと。
そのたびに可能性は狭くなっていく気がする。
人は何度でもやり直しができるっていうけれど、でもやっぱりひとつ選択をしたらその延長上に次の選択肢があって、やっぱり違ったって戻るのって大変だと思う。
可能性が狭くなるのが怖くて、間違えるのが怖くて、選択することを避けてしまいたくなるけれど、そうやって選択せずに流されるのは本当はダメなんだよね。

自分が選択することを放棄して、自分で選び取っていなければ後悔もしないし、わたしが選んだわけじゃないって逃げられる。
でも、そうやって流されてたら自分の人生って感じがしない。

きっと今の会社にいたらそこそこのお給料をもらって、人間関係も総合職の人は3年ごとに入れ替わるんだし、一般職の中では中堅で誰にもほとんど気を使わなくてよくて、不幸でもなく幸せでもないそこそこな毎日を送るんだろうなって思う。
それでも転職したいと思った。
だから自分で決めた。

自分で選んだ道だから後悔しないようにがんばろう。
これは自分で選んだ道なんだよって、辛いときに振り返って思い出せるようにここに書き残しておきます。
| easygoingdays | Books♪ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ